« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

◎ゲイルスパーキー

【第59回 東京新聞杯(GIII)】 31日東京11R 芝1600m


<予想>


逃げと先行脚質の区別がつかないKeiGでございますm(_ _)m 難しいッス^^;


その逃げと先行馬、略して「前目の馬」ですが(ぉぃ。。。結構いますね。


サイレントプライド
ショウワモダン
スマイルジャック
タマモサポート
トップガンジョー(?)
ファストロック
ローレルゲレイロ


いくら向正面の直線が長いとは言え16頭中7頭も前目の馬が揃えば
すんなりと隊列が決まるとは思えません。団子になるのではと予想します。


ただペースを上げてしまうといくら良いポジションを取っても
終いが止まってしまいますからね。例えば上記の馬で
前半600m35秒を切るペースで結果をだした馬はというと。。。


サイレントプライド(08年10月富士Sなど)
タマモサポート(08年キャピタルSなど)
ローレルゲレイロ(08年2月東京新聞杯)


の3頭のみです。
じゃ行かせてしまえば?と言われても、終いの脚が切れないので
先行しなきゃいけないお馬さん達なんですよね。。。
どうしても追走もしくは競らなければならないと思います。


なおかつ金曜、土曜とも雨予報。さらに開幕週ときたもんだこりゃ!
もう「前に行くな!」というのが無理な注文。


なので『ペースを落として先行はできない』と仮定して
基本後ろの馬から選出したいと思います。
でもたぶん重馬場なので後ろ過ぎない方がいいな~^^;


◎本命 ゲイルスパーキー
前走阪神C上がり最速、2走前キャピタルSハイペースで2着。鞍上:後藤。


○対抗 リザーブカード
前走阪神C3着、3走前富士Sでクビ差2着。重馬場が懸念材料。


▲単穴 キストゥヘブン
ここは叩き台な感じなので気乗りしませんが、休み明けでの実績もあるので。


△連下 もう自分の予想を信じて思い切って行きましょう!(半ばやけくそ^^;)
ショウナンアルバ 3走前の富士S上がり最速のみで!内で包まれてしまえ!
アブソリュート   中山好走なので重くても
リキッドノーツ   こちらも同じく中山好走

| | コメント (0) | トラックバック (4)

◎メイショウレガーロ

【第50回 アメリカジョッキーC(GII)】 24日中山11R 芝2200m


<予想>


先週の日経新春杯と同じ展開を希望します。。。だ、大丈夫かな^^;


前に行く馬にメイショウレガーロがいますが
前走のグレイトフルS(中山1800m)が前半1000m61.5、
昨年のAJCCが前半1000m61.2、昨年の中山金杯が前半1000m62.0。
他に有力な先行馬が見当たらない関係で、まず61~62秒台
楽々と先行させてもらえそうです。


仮に昨年のオールカマーで先行したキングストレイルが前に行っても
前半1000m61.8でした。唯一怖いのはサンツェッペリンの逆ギレ逃走くらい^^;


これは人気薄でも前残りを期待してよさそうなレースですね~♪
実力馬でも4コーナーでけっこう前にいなければ届きそうにありません。
なので先行馬を中心に、人気馬からなるべく前にこられる馬を選出したいと思います。


◎本命 メイショウレガーロ
騎手や展開に左右されず前にいてくれそうなので。ぶっちゃけそれだけの理由^^;


○対抗 キングストレイル
中山金杯よりペースが落ちそうなので好位の内につけられたこの馬の出番!


▲単穴 ネヴァブション
鞍上・横山典にジャパンカップの奇襲策をしてもらうと楽勝もあり得ると一人妄想中♪


△連下
エアシェイディ   有馬記念の位置取りは良かった。
サンツェッペリン  一発逃げ残りの可能性ならこの馬!大穴空けてくれ!
トウショウシロッコ 鳴尾記念みたいに前にいっても残れそう。予想プランが狂うけど^^;


【結果とあと考】・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


1着 ネヴァブション(▲)
2着 エアシェイディ(△)
3着 トウショウシロッコ(△)


(KeiG予想) ◎11着 ○5着 △12着  coldsweats01  アタリ? coldsweats01


ネヴァブションの横典がちゃんと先行してくれました。良かった良かった。


レースは外枠のキングストレイルがハナを奪いに行くため勢いをつけて第1コーナー。
2番手にサンツェッペリン。むっふっふ♪この時点では凄く期待してたのよ^^;
3番手にうまく先行できたネヴァブション。その後ろに本命のメイショウレガーロ。。。
あれあれ?ちょっと後ろの位置取りじゃない?大丈夫かな。。。
恐かったのはその直後にいたアルナスライン。うわ!いいポジション取りやがった!
これは来たかな~と思い、意気消沈しながら前半1000m61.5。


前残りするにはちょっと早いペースかな~。62秒台ならキングストレイルも残れるのに。


最終コーナー先頭はキングストレイル。残り100mまで見せ場たっぷりで逃げたが失速。
2番手インからネヴァブション満を持して飛び出し2馬身半差つけて優勝。
2着のエアシェイディ。3着のトウショウシロッコとも7番手あたりをずっと併走。
前半1000m61.5-後半1000m60.0のスローペース、冬の中山も手伝って
ある程度前につけなければ勝てないというのは変わらないようです。


Ajcc


同じボックスで3連複も買ってましたので一応的中。。。(にさせてください^^;)


【投票】 5000円
【払戻】 8640円
【収支】 +3640円


【総投票】 36200円
【総払戻】 18670円
【総収支】 -17530円

| | コメント (0) | トラックバック (6)

◎ヒカルカザブエ

【第56回 日経新春杯(GII)】 18日京都11R 芝2400m


<予想>(↓結果と考察は・・・線の下です)


前に行きそうな馬としてテイエムプリキュアが挙げられます。
そのプリキュアですが着順はひとまず度外視して^^;先行できたレースは
いずれもMペース以上となっております。


<テイエムプリキュアが先行した前半1000m通過タイム-後半1000m>


59.1-60.1  愛知杯(中京2000m)
46.1-47.9  鳴尾記念(阪神1800m)※800m
60.1-60.3  アルゼンチン共和国杯(東京2500m)
59.7-59.9  メトロポリタンS(東京2400m)
60.5-60.9  大阪-ハンブルクC(阪神2400m)
60.7-61.6  日経新春杯(京都2400m)


もちろんすべてプリキュアがペースを作ってはいないので一概には言えませんが、
スローで結果を残したことが無いため、ある程度序盤からペースを
上げて先行せざるを得ないと思います。
なのでMペース以上と予想して基本後ろの馬から。
ただし土曜日の京都もあまり外差しがずばっと決まる馬場では無さそうでした。
う~ん。。。やや中団に位置取れる馬を選びたいのですが。。。
ペースが速くなって好位・中団から差せる馬って。。。この馬しかいない^^;


◎本命 ヒカルカザブエ
2走前に同コース、同距離、同展開予想で1着。勝ちタイムも良し。どっからでも来い!


○対抗 ナムラマース
前走Hペースからの末脚を評価。位置取りはもうちょっと前で。対応はできるはず。


▲単穴 アドマイヤモナーク
有馬記念はさておき、昨年の日経新春杯の再現が一番有力。ただし後方一気は無理。


△連下 ホッコーパドゥシャ
昨年5月の烏丸S(京都2400)で超Hペースの中、勝ち馬と0.2秒差の4着。


※注意
シゲルフセルト  小倉の1800mですが(不知火特別)超Hペースを1着。
タガノエルシコ  スローの末脚勝負ばかりなので未知数ですが末脚脅威。
マイネレーツェル エリザベス女王杯は前の2頭が強すぎ。Hペースの前決着。


【結果・あと考】・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・アチャー(TДT)


1着 テイエムプリキュア
2着 ナムラマース(○)
3着 タガノエルシコ(※)


(KeiG予想) ◎7着 ▲5着 △10着 ※13,15着 crying 完 敗 crying


いやーまさに「まんまと逃げ切り」というレースでした。おめでとうテイエムプリキュア。


レースを見直すと、スタートして長い直線の後、1コーナーを回った中間で
プリキュアがもう3馬身ほどリードを広げていたので
「暴走逃げ?」かと思いきや前半1000m通過タイムは61.1。
2番手のメジロコルセアとドリームフライトが着いていかなかっただけで
プリキュアにとっては全然余裕のマイペース!でした。


ラップタイムに一度も13秒台がないけど決して無理はしてない
プリキュア絶妙な逃げペースが今の京都の芝状態も手伝って見事にはまりましたね。
残り800mからペースアップして終わってみれば
前半1000m61.1-後半1000m60.3のスローよりなミドルペース


考えてみればこーゆうレースをさせてもらえれば他でも勝っていた馬なのかな。
いままでが不運だったのか、それとも常にハイレベルな闘いをしたかったのか^^;
おつかれさまでした。。。って引退するのかな^^;もう一年?w


本命のヒカルカザブエは後ろから。道中ポジションを上げていきましたが
ハイペース予想での選出でしたので届かず。内枠が不利に働きました。


それでも2着のナムラマースは後方から直線一気にきましたね。上がり最速35.3。
展開によって勝ちもあったな~。今後も期待できますが位置取りは後ろなのね^^;


それから3着のタガノエルシコ。またスローよりなペースなので参考程度に。
でも上り35.8はアドマイヤモナークに次ぐ3番目。終いは伸びますね。


で、そのアドマイヤモナークですが。。。こんなもんでしょ。


【投票】 10000円
【払戻】 0円
【収支】 -10000円


【総投票】 31200円
【総払戻】 10030円
【総収支】 -21170円


(やばいっす。。。もうちょっと少額にしようかな^^;)

| | コメント (0) | トラックバック (9)

【ニューイヤーS】◎ホッカイカンティ

【ニューイヤーS】 10日中山11R 芝1600m


日曜日の3歳牝馬重賞【フェアリーS】を占う意味で注目してます。
と格好つけたいのですが。。。3歳戦はよくわかりませんm(_ _)m
なので今週はこっちを予想します。シンザン記念とフェアリーSは見学です^^;


<予想>


4枠の2頭マヤノツルギとショウワモダンが内枠に被せるようにハナを奪いに行くが
ホッカイカンティも前走、2走前ともスタートはポンと出ている。第1コーナーに向けて
うまく好位を取れればカーブのキツイ内をついて経済コースを走れる。
中1週は気になるが後ろに下がらなければ好走は約束されたと一人妄想中^^;


重賞好走中の1枠フサイチアソートにもそれが当てはまるが前走は直線で先行。
そんなに前にいく馬でもないので内で囲まれる可能性もある。


カレイジャスミンはやや外枠。ダブルティンパニーにいたっては大外枠。
スタートダッシュが効かなければ凡走も考えられる。ダブルティンパニーは
前走Sペースにも関わらず前につけられなかったので今回はスタートが鍵。やや不利。


ショウワモダンは前走Hペースに沈んだが、勝ち馬と2.5秒差は沈み過ぎだろう。
今回も阪神と同じ右回りのやや重くなりそうな芝。切り捨てたほうが良さそうだ。


ダンスインザダーク産駒のダンスフォーウィンも気になるが、そうそう手を広げても
いられないので近走好走条件と阪神・中山好走で絞ります。


◎本命 ホッカイカンティ
前走Mペースを好位から2着。2走前Hペースを好位から1着。内枠有利。


○対抗 マヤノツルギ
距離が心配だが阪神カップ勝ち馬と0.3秒差なら上等だろう。1F頑張れ^^;


▲単穴 カレイジャスミン
前走中山1600m2着。Sペースならと斤量魅力。上がりも良し。外枠分だけ割引。


△連下 フサイチアソート  ヤマニンキングリー好走枠と言うことで^^;
△連下 マイネルハーティー 2走前キャピタルS、Hペースで上がり2番目3着
※注意 タケデンノキボー  芝2000m実績あり。距離はこなせるか。


【結果・あと考】・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


1着 マヤノツルギ(○)
2着 ショウワモダン
3着 イクスキューズ


(KeiG予想) ◎7着 ▲9着 △8,6着 ※14着  shock ハ ズ レ


いや。。。ホッカイカンティがゲート入りを嫌っていた時に予感はありました^^;


レースはマヤノツルギが先頭、外からハートオブクィーン、
続いて内イクスキューズ、外ショウワモダンといったところ
大外からダブルティンパニーが被せてきたのでショウワモダンが後退しました。
このロスがなければショウワモダンが勝っていたかもしれませんね。


ペースは前半800m47.1。先行馬が揃ってましたがあまり速くならないMペース。
期待のホッカイカンティは8,9番手を追走。予想とは違うがまだ挽回できる!


3コーナー過ぎからサンツェッペリンがペースを上げて先頭に並ぼうとするのを
ハラハラ見ながら最終コーナー。先頭は変わらずマヤノツルギ。
2番手にダブルティンパニー。外からカレイジャスミン。間を割ってショウワモダン。
大外からマイネルハーティーとどれが伸びるのか非常に面白かったのですが、
結局マヤノツルギがクビ差で逃げ切り。2着に同型のショウワモダン。
3着に内々を先行したイクスキューズとなりました。


ぬぬぬ。。。ショウワモダンの中山実績を無視したのは不味かったです。反省。
それと大外枠で嫌ったダブルティンパニーも問題なくスタートしました。。。が
これが精いっぱいか。Mペースなのでもう少し末脚を爆発させる馬がいても
良い気がしますが前残りのレースとなりました。


【投票】 10000円
【払戻】 0円
【収支】 -10000円


【総投票】 21200円
【総払戻】 10030円
【総収支】 -11170円


(ちょっと自信あったので増額したのに全然でした^^;)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

◎マルカシェンク

【第47回 スポニチ賞京都金杯(GIII)】京都11R 芝1600m


<予想>


コンゴウリキシオーは逃げるとしても、もう大逃げを出来るスピードは
ないような気がします。なんとか先頭に喰らい付くのが精一杯かな。。。
続くのがバトルバニヤンとタマモサポートくらいしか先行する馬がいなそうです。
ペースはハイペースにもならずドスローにもならない平均ペースと予想して
脚質によっての有利不利はないと見ます。
マイルチャンピオンシップみたいに最内をうまく伸びた馬が勝ちそうです。


やっぱりインを狙うのは内枠が有利でしょうか?
ただマイルCS勝ち馬のブルーメンブラットは7番で道中の流れ的に
最内で控えざるを得なかったという感じはしますが^^;
前が開かなければ終了ですからね。ギャンブルではあります。


◎本命 マルカシェンク
マイルCSでは上がり良し。内枠で先行しても面白い。いろいろ楽しめそう。


○対抗 ファリダット
有力馬の中で比較的内枠なので。やや1600mは長いがスローなら。


▲単穴 アドマイヤオーラ
明らかに終い勝負になりそうな中、安勝がどう手綱を取るか。見物です。


△抑え タマモサポート   前走のようにひょこっと顔を出すかも^^;
△抑え アドマイヤスバル  正直びっくり!現役マイラーに引けを取らない脚。
※特注 ショウナンアルバ  叩き3戦目。ローテ好感。
※特注 エイシンフォワード 阪神カップから叩き2戦目。やや間隔短いが狙ってか


【結果・あと考】♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪


1着 タマモサポート(△)
2着 マルカシェンク(◎)
3着 ファリダット(○)


(KeiG予想) ▲4着 △7着 ※9,12着  ア タ リ ♪


前半4F46.3は過去3年のマイルCSとほぼ同じ。
並の条件馬または重賞好走馬ならばこのペースを先行すれば
最後の直線、失速必至のはずが

(いや、好位だけど先頭から結構離れてましたね。絶妙な位置かな^^;)
上がり3F34.5の脚で2馬身差の快勝。
勝ちタイムもマイルGⅠと遜色ない1.32.9。輝きましたねタマモサポート!
前走がフロックではないことを、実績馬をねじ伏せ自ら証明しました。


2着にはやっぱり内をついて中団やや後ろからマルカシェンク。これは予想通り。
3着には後方から大外ブン回してファリダット。上がり最速。2着とは距離の差。
4着に絶好の位置に着けながら伸びなかったアドマイヤオーラ。ここは叩き台か。
5着は前につけられなかったバトルバニアン。勝ち馬と位置が違えば逆転も?
となりました。


200901051552000_2

最初の5頭で良かったみたいです。手を広げて損しました。


【投票】 5600円
【払戻】 10030円
【収支】 +4430円


【総投票】 11200円
【総払戻】 10030円
【総収支】 -1170円

| | コメント (0) | トラックバック (2)

昔の名前をBOX買い

【第58回 日刊スポ賞中山金杯(GIII)】 中山11R 芝2000m


【予想】


ミヤビランベリ と ダンシングロウ が逃げるミドルペースを希望いたしますm(_ _)m
もしかしたら ネヴァブション(日経賞) も行くかもしれませんが、
ジャパンカップは逃げ馬不在と見ての先行奇襲策ですからね。無いかな^^;
続いて シャドウゲイト(07中山金杯) 、
田中勝さんでどう出るかわかりませんが キングストレイル(セントライト記念) 、
前に行ければ好勝負 アドマイヤフジ(08中山金杯) 、
前走好位差しの ヤマニンキングリー あたりも前につけるかと思います。


う~ん。。。でも ヤマニンキングリー はばっさり切り落とそうかと思ってます。
前走の中日新聞杯は前半1000m61.4のスローペースから好位差し。
2走前のアンドロメダSも前半1000m61.2のスローペースを好位差し。
勝ったレースも中京と京都ということで直線に坂が無いのよね^^;
先行できるのでその点は中山には適応できると思いますが。。。
ここでは不要と見ます。


同時に現在1番人気の オペラブラーボ も評価を落として抑えまで。
前走がいくらスローとはいえ差しきれない距離ではなかったはず。
上がり3F33.8は勝ち馬34.0とほぼ同じ。
斤量は勝ち馬より1キロ重かったのでヤマニンキングリーとの逆転はあるが、
その他の古馬とははたしてどうかなぁ。。。
(見直すと不利があったようで。。。どうしましょう^^;)


なんとなく重賞を競ってきた馬が勝つような気がします。
と、ゆーことで。。。


◎本命 アドマイヤフジ
JCダート出走はよく分かりませんが^^;好位につけられれば怖い存在。


○対抗 ネヴァブション
距離が短いとは思いますが、エッチラオッチラ追って地力を見せてくれます。


▲単穴 キングストレイル
鞍上が横典だったら本命に格上げですが、田中勝も中山金杯好相性。


△抑え オペラブラーボ………好勝負はするが抜けてはいない。
△抑え ダイワワイルドボア…使い詰めもセントライト記念勝ち。
△抑え ダンシングロウ………安勝馬券。休み明けも逃げて粘れば。
※特注 シャドウゲイト………雨の金杯圧勝劇再び。馬場が荒れているので。


【結果・あと考】・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


1着 アドマイヤフジ(◎)
2着 ヤマニンキングリー
3着 ミヤビランベリ


(KeiG予想) ○5着 ▲7着 △6,8,16,15着  ハ ズ レ


調子に乗って切らなきゃ良かったと後悔するも後の祭り。お恥ずかしいです。


レースはミヤビランベリがハナを切って第1コーナー。
2番手にアドマイヤフジが内枠を活かしてスルスルと。
3番手にシャドウゲイトがつけて外からダンシングロウ。
続いて内にキングストレイルといった感じ。


前半5F59.7のミドルペースのなか、最後の直線まで前の2頭は変わらず。
最終コーナー手前から大外をまくってヤマニンキングリーが上がり3F35.0の脚で
強襲するもクビ差で2着。終始先行押し切る形でアドマイヤフジの完勝でした。
3着には逃げ粘ってミヤビランベリ。ノーマークでしたが七夕賞勝ち馬か。
4着に後方から上がり最速マイネルキッツ。ほんとに真面目な馬だ^^;
5着に追ってネヴァブション。良い状態だと思うので勝ちたかったはず。
6着に追い負けたオペラブラーボとなりました。


1着に人気落ちの実績馬、2着に明け4歳の新進気鋭、
3着に金杯おなじみの6歳馬と非常にバランスの良い結果^^;


いや、でも、アドマイヤフジってこんなに強かったっけ?
正直、前に行きすぎるな~と道中心配してたのに
結局最後まで行っちゃったよ^^;


【収支】 -5600円

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »