« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

【阪急杯】◎トウショウカレッジ

【11R 第53回 阪急杯(GIII)】 阪神 芝1400m


<予想>


ペースを握りそうな馬として内枠から


③ドラゴンファング   上がり馬
④ビービーガルダン  スプリンターS3着
⑧エアパスカル    明け4歳
⑪マイネルレーニア  スワンS勝ち馬
⑬ローレルゲレイロ  昨年阪急杯勝ち馬


と5頭も揃いました。なので緩く逃げるわけにはいかないと仮定して
前半600m34秒前半の速いペースと予想します。


ただ困ったことにこの前半速いペースをエアパスカルを除くと
逃げ切り押し切り勝ちの実績馬ばかりなんですよね。
困った。。。どうしましょ^^;開幕週ってのありますし。。。


う~ん。。。一応、セオリーどおり後ろの馬から行きます。


◎本命 トウショウカレッジ
がんばれ!


○対抗 ファリダット
負けるな!


(。。。正直こっちはワカリマセンw)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【中山記念】◎アドマイヤフジ

【11R 第83回 中山記念(GII)】 中山 芝1800m


<予想>


昨年の中山記念はマイペース逃げのコンゴウリキシオーが、
一昨年の中山記念はローエングリンのロケットスタートで
レースを引っ張りましたが前半800mのタイムはそれぞれ
 47.9 と 48.2 。


今年は逃げ馬不在のなか、ACJ杯のようにキングストレイルが前に行くと思いますが
前半800m 48秒後半 の緩いペースが濃厚と考えます。


ただ、AJC杯で直線追うも2着と惜敗したエアシェイディと
まったく伸びなかったドリームジャーニーも同じ展開で負けるわけには
いきませんので、エアシェイディは先行できなくとも早めに動くのではないかと。
ドリームジャーニーはハイペースにならないと捲くれないのでここは切ります。


それから内枠に入ったカンパニー。先行できれば好勝負できそうですが
スタートが悪いと追って届かずになりそうな危険性もあります。
扱いが難しいので本命には押しにくいです。


理想としては先行(なるべく前のポジション)から上がり600m35秒前半
脚を使って、中団後ろ&後方の馬を洋ナシにしてしまいたいのですが
少頭数10頭の出走なんですよね^^;
なんか普通に差しが届いてしまいそうで怖いですが・・・


◎本命 アドマイヤフジ
陣営がダートでもいいからGIに出走させたいってキモチがちょっと分かった^^;


○対抗 キングストレイル
前半800mのタイムが49秒以上なら逃げ切りもある。スロー逃げかましたれ!


▲単穴 カンパニー
先行できるのか不安なので本命にはできません。ネヴァブションは出来たが・・・

| | コメント (0) | トラックバック (1)

【京都記念】結果&あと考

【第102回 京都記念(GII)】 結果&あと考


1着-アサクサキングス
2着○サクラメガワンダー
3着-ヴィクトリー


KeiG予想) sad orz... sad
4着◎カワカミプリンセス
除外▲アドマイヤオーラ


sad。。。こんなにレース後落ち込むのも久しぶりです。考えると気が沈みます^^;
ま、結果的にカワカミプリンセスの上がりは伸びているので
前に行った馬が潰れると見てあえて控えたのでしょうか?
いろいろ他の方の分析も見たいと思います。


スタートはおっとビックリ!ヴィクトリーが外枠から久々好スタート。
フェブラリーSを除けばあの皐月賞以来の逃げ。これは予想外でした。
2番手に最内のマンハッタンスカイ、並んでカワカミプリンセス。
続いてアサクサキングス。内にシルクフェイマスとここまでは予想どおり。
そしてその外にサクラメガワンダーが位置取り、前の馬を見る形となりました。


先頭から縦に並んで前半1000m 60.7 。
速くはないが予想よりもちょい速いペース。


(60.7) - 12.9 - 12.8 - 12.2 - 11.9 - 11.4 - 12.7
1000m後の400mはハロンタイム通り12.9-12.8とかなり余裕のある走り。
レース映像を見る限り先頭と変わらないペースでカワカミプリンセスは追走。
ここで先に仕掛けたのはアサクサキングス。それを見るようにサクラメガワンダー。


4コーナー先頭はまだヴィクトリー。内でマンハッタンスカイ粘るが脚色が悪い。
馬場の真ん中からアサクサキングスと半馬身差でサクラメガワンダーが追う。
直線最後までこの2頭の叩き合いで、結果クビ差アサクサキングスが押し切る。
2着にサクラメガワンダー。3着に内で逃げ粘ったヴィクトリー。
4着にようやくカワカミプリンセス。5着に遅れて最後方からタスカータソルテ
となりました。


前半1000m60.7-後半1000m61.0のミドルペース
前半のペースもやや遅く、中間に息が入ったので前目にいた馬以外は
洋梨のレースでしたね。結局早めに仕掛けた馬が残った感じ。
む~。。。ある程度展開は予想通りだっただけに悔しいな~^^;


【投票】 10000円
【払戻】 0円
【収支】 -10000円


【総投票】 82200円
【総払戻】 18670円
【総収支】 -63530円


crying今回はカワカミで自信ありありだったのに。。。crying

| | コメント (0) | トラックバック (2)

【京都記念】◎カワカミプリンセス

【第102回 京都記念(GII)】芝2200m


<予想>


最内に入った①マンハッタンスカイが逃げようとも、
第2のテイエムプリキュアを狙い④シルクフェイマスが逃げようとも、
はたまた⑨アサクサキングスが逃げようともスロー必至なメンバー構成。
前半1000mが 61秒 を超えるペースになると予想します。


ここまで速いペースで引っ張る馬がいないなら、もしかしたら


⑤チョウサンデイ
⑦カワカミプリンセス
⑪サクラメガワンダー


あたりも先行、あるいはハナに立ってもおかしく無い気がします。
ただ逃げて結果を残したことが無い3頭ですのでそこまでしないか^^;
その中でも位置取り的にカワカミプリンセスが断然有利に見えます。
あまり遅すぎないペースに自ら持ち込み、好位から上がりをまとめられる強みがある。


こうなると中団後ろ、後方からの馬は相当な末脚がないと届かない。
それを許さない京都の馬場も手伝ってここはがっちりいきましょうか!


◎本命 カワカミプリンセス
一時期の突き抜けた勢いはないが府中牝馬、エリ女ともにハイレベル。


○対抗 サクラメガワンダー
京都重賞勝ちが無いので減点。ただ向かないというわけではない。追って肉薄。


▲単穴 アドマイヤオーラ
京都金杯を叩いて2戦目。昨年ウオッカを封じた競馬が出来れば。


(つ、つまんない予想だな~^^;一応、カワカミプリンセス1頭軸でGO!)


・・・・・・・・メモ帳・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

マンハッタンスカイ
12月・中京 中日新聞杯(2000m) 61.4-58.1 スローペース
>逃げるも11着。2.00.0(-0.5)。このペース・展開で粘れないか。。。
11月・福島 福島記念(2000m) 59.1-61.0 ハイペース
>3角2番手、4角先頭逃げ切り。2.00.1。前半5,6馬身離れて2番手追走。
10月・京都 京都大賞典(2400m) 61.8-13.1-12.8-59.2 スローペース
>逃げるも6着。2.27.1(-0.2)
8月札幌 札幌記念(2000m) 58.4-60.2 ハイペース
>2番手も8着。2.00.0(-1.4)。コンゴウリキシオーの大逃げ。

| | コメント (0) | トラックバック (5)

【ダイヤモンドS】結果&あと考

【第59回 ダイヤモンドS(GIII)】 結果&あと考


1着○モンテクリスエス
2着-ブレーヴハート
3着-スノークラッシャー


KeiG予想) sad 想定外 sad
8着▲ウォーゲーム
13着◎ビービーファルコン


フローテーションは道中かかってしまったみたいですね。ステイヤーズSみたいに。。。
むーーちょっと想定外でした。ドリームフライトもせっつかれて大変でしたね。


スタートはサケダイスキ、ドリームフライトが内枠を生かしてそのままハナへ。
メインスタンド側の直線ではドリームフライトがハナで落ち着くかと思いきや
半馬身差でフローテーションがかかり気味に前にいこうとする。
その後ろにやや離れて先行策のウォーゲームと
大外から徐々に上がってきたビービーファルコン。


前半1000mは60.5!3000m超にしては速すぎません?
しかもその後もペースを緩めず後続に6,7馬身離して逃げてしまう。。。
考えようによってはハイペースのスタミナ勝負に持ち込みたかったのかも
しれませんが、単純に「フローテーションの暴走」の可能性が強いです。
それについていったドリームフライトはこの時点でもうアウト^^;


3コーナーでその6,7馬身離れていた差が一気につまり先頭が変わってしまいます。
うわー。。。これも速すぎでしょ。。。ビービーファルコンとハギノジョイフル。
外にはエーシンダードマン。内からフローテーション、ウォーゲーム。


(60.5) - 11.8 - 12.1 - 13.0 - 12.3 - 11.9 - 13.0 - 13.5 - (61.3)
ハロンタイムだけを見れば後半1000mに入る前に13秒台が2回ありますが
それは先頭のタイム。それをものすごい勢いで追い上げていった先行グループは
それ以上の脚をつかってしまい直線に入ってもまったく伸びず。


勝ったのは4角10番手からモンテクリスエス。
2着に11番手からブレーヴハート。3着に8番手からスノークラッシャー。
4着に12番手からベンチャーナイン。5着に9番手からゴーウィズウィンド。
4コーナー8~12番手が掲示板独占。
ちなみに4角それ以降はというと13番手ブラックアルタイルと
道中ポツン最後方だった14番手ウインカーディナル。
あとは逃げ疲れたサケダイスキ、ドリームフライトがズルズルと。


前半1000m60.5-後半1000m61.3のミドルペースですが
先行馬にはまったく向かない中間のペースにより前総崩れのレースでした。
ただ前が速いペースでひっぱってくれたおかげでコースレコードでましたね♪


【投票】 8000円
【払戻】 0円
【収支】 -8000円


【総投票】 72200円
【総払戻】 18670円
【総収支】 -53530円


(ファルコン1頭軸かクリスエス2頭軸か迷いましたが、結局ファルコン1頭軸でcrying

| | コメント (0) | トラックバック (3)

【ダイヤモンドS】◎ビービーファルコン

【第59回 ダイヤモンドS(GIII)】 東京11R 芝・3400m


<予想>


まず前目に行きそうな馬でペースを握りそうなのは


サケダイスキ
ドリームフライト
ウォーゲーム(?)
ハギノジョイフル
ビービーファルコン


の5頭。
ウォーゲームは昨年控える競馬をしていますが
近2走は先行、逃げなので一応考慮に入れておきます。横典ですし。
あと、フローテーションのステイヤーズSの逃げは無視します。
ルメールですが。。。^^; う~ん、逃げはないかな~(願望)。


さて、上記の5頭で内枠に②サケダイスキ、③ドリームフライトが入りましたので
まずこの2頭がペースを握るのではないかと考えています。


まずサケダイスキですが、2400m以上出走が1レースしかありませんので参考まで。
ただ1800mなどでかなり速いペースを刻んだことがあるので暴走注意w。


続いてドリームフライトは「マイペース逃げ」ではなく、後ろを気にする逃げ馬なので
前半のタイムが59秒から63秒台までまちまちです。
この中でもやはり一番距離的に参考になるのは阪神大賞典ですので、
気持ち良くハナを切れば前半1000m63秒台になると思われます。
たださすがに「中間緩みまくり」にはならないと思います。


さて、ここで問題なのが大外をひいた⑯ビービーファルコン。
長距離なのでさすがに無理にハナを主張しないとは思いますが、
少々行き脚がついて前半1000mが速くなるかもしれません。
それでも過去の戦績を見ますと前半1000m61秒から63秒台なので
そんなに変わりないかと思います。


結論として
「ドリームフライト(またはビービーファルコン)が63秒台でやんわり引っ張る」
「中間は13秒台の息が入る区間が1回以上ある(当たり前か^^;)」
「後半1000mは60秒を切る脚があると勝ちきれる」


なので中団より前にいて、やや長い脚が使える馬がいいなぁ。


◎本命 ビービーファルコン
>先行しても上がりの脚の安定感を買って。東京の高速馬場にも対応できる。


○対抗 モンテクリスエス
>ハナ差負け迎春Sのリベンジを果たす。舞台は東京に変わり逆転十分!


▲単穴 ウォーゲーム
>迷いましたが鞍上で決めました。何をするか分からない期待をこめて♪


(余談:戦績を見ているとどうしても11月の晩秋特別に目が言ってしまいます^^;)


以下メモ帳・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


サケダイスキ
10月東京・オクトーバーS(2400m) 61.7-(12.6-12.9)-59.0 スローペース 
>逃げて6着。タイムは2.26.7(-0.5)。秋の東京は高速なのでやや割引。


ドリームフライト
12月中京・天竜川特別(2500m) 62.0-(6.2-12.7-13.0)-61.2 ミドルペース
>クビ差逃げ切り。タイムは2.35.1。息が入る。
11月福島・磐梯山特別(2600m) 60.3-(12.2-12.5-13.0)-60.6 ミドルペース
>逃げるも6着。タイムは2.39.0(-0.4)。息が入る。
4月東京・メトロポリタンS(2400m) 59.7-(11.7-12.2)-59.9 ミドルペース
>逃げるも6着。タイムは2.25.6(-2.1)。
3月阪神・阪神大賞典(3000m) 63.8-(13.0-13.2-14.1-13.0-12.6)-59.0
>超スロー逃げも速い上がり勝負であえなく8着。タイムは3.09.8(-0.9)
2月小倉・皿倉山特別(2600m) 62.7-(13.3-13.2-12.4)-60.4 スローペース
>逃げ切り。タイムは2.42.0。余裕を持った中間。
2月小倉・500万下(2600m) 61.8-(13.2-13.2-12.3)-61.2 ミドルペース
>逃げ切り。タイムは2.41.7。息が入る。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

【小倉大賞典】結果・あと考

【11R 第43回 小倉大賞典(GIII)】 結果・あと考


1着▲サンライズマックス
2着-ヤマニンキングリー
3着-ミヤビランベリ


KeiG予想) wobbly アホでした wobbly
4着△レッツゴーキリシマ
5着◎マストビートゥルー
10着△ホッコーソレソレー
11着△シゲルフセルト
12着○フィールドベアー
13着△ダイシングロウ (ダ“ン”シングだと思ってました。失礼m(_ _)m)
15着△カネトシツヨシオー


ふぇ~。。。最大の過ちは「中山金杯を軽視」してしまったところですm(_ _)m
冬の中山でしたら前半1000m59.7でも遅くありませんね^^;
う~ん。。。いや微妙かな~。。。取捨選択で迷うところ。
ま、でも「速いペース=差し馬」でヤマニンキングリーは最低でも
抑えておくべきでした。今後は人気と調子も加味して予想しま~す、ハイ。


レースは外枠のフサイチアウステルがハナを奪うため勢いよく第1コーナー。
2馬身離れて2番手にミヤビランベリがつける。3番手に内からダイシングロウ。
また2馬身離れてレッツゴーキリシマと、その後ろに。。。サンライズマックス?!
嘘でしょ?なんでこんな前目なの?正直ビックリしました!


KeiG◎本命のマストビートゥルーはヤマニンキングリーのそのまた後ろ。
うわー。。。ちょいと後ろ過ぎでないかい?。。。マークしても末脚じゃ勝てないよ~。


前半800mの通過タイムは46.7。やはり予想通り速かったのですが
「先行激化」というよりはフサイチアウステルがただ引っ張っただけでした。。。m(_ _)m
ま、ペースに関しては結果オーライということで了承願いますw
もしかしたらバトルバニアンなども速いペースを見越しての中団、後方策だった
かもしれませんが、ちょっとここでは前に行った馬が強かったですね^^;


最終コーナーを回って直線、先頭はフサイチアウステルがまだリード。
その後ろにダイシングロウ、ミヤビランベリ、レッツゴーキリシマが3頭並んだところ
間を割って5番手からサンライズマックスが伸びて1/2馬身差で優勝。
結果から見れば鞍上:横山典の好騎乗でした。AJC杯のネヴァブションを彷彿。
外から6番手ヤマニンキングリーも伸びて2着。こちらも好騎乗だと思います。
3着は先行粘ってミヤビランベリ。4着に同じくレッツゴーキリシマ。
5着に。。。よく後ろからここまで届いたな^^;。。。マストビートゥルーとなりました。


前半800m46.7-後半800m46.5のミドルペースですが、
勝ち時計が1.44.9とかなりの高速決着。前にいながら差した馬の1,2フィニッシュ。
こう考えるとやっぱり騎手の力も大きかったかなと思います。むー。。。無念^^;


【投票】 10000円
【払戻】 0円
【収支】 -10000円


【総投票】 64200円
【総払戻】 18670円
【総収支】 -45530円


(3連複1頭軸でマストビートゥルーだったのでどのみちダメでした。。。トホホ)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

【小倉大賞典】◎マストビートゥルー

【11R 第43回 小倉大賞典(GIII)】 土曜日 小倉 芝1800m


さて今週も当たらない展開予想で行きたいと思います。ほんと難しい^^;。


前に行く馬として、内枠から順番に


ダイシングロウ
バトルバニアン
ミヤビランベリ
レッツゴーキリシマ
ノットアローン(?)
マストビートゥルー
フィールドベアー(?)
フサイチアウステル


コーナーが4つあるので、そのまま先週の東京新聞杯と一緒とは言えませんが
これだけ前目の馬がいればポジション争いが激化すると見ます。開幕週も手伝って。


なので前半800m 47秒前半 もしくは 47秒を切る 勢いで
通過すると仮定して、その速いペースで結果を残せた馬はというと


ダイシングロウ
7月・博多S(1800m) 44.7-48.2 ハイペース 1着 1.45.1
> 3番手追走も2番手とは大差(10馬身?)なので参考まで。ただ走破タイムは良い


レッツゴーキリシマ
9月・京成杯OH(1600m) 44.0-48.1 ハイペース 2着 1.32.3
> 4番手追走。1800mではややペースは落とすと思う


マストビートゥルー
10月・清滝特別(1800m) 46.3-47.4 ハイペース 4着 1.46.0
> ハナ、ハナ、ハナ差で逃げ粘り。他にもハイペース1800mで好走


フィールドベアー
7月・函館記念(2000m) 59.0-61.3 ハイペース 2着 2.00.3
> 3角3番手、4角2番手。タスカータソルテ、マツリダゴッホの札幌記念も3着


の4頭なのでそれ以外の前目の馬はバッサリ切ります。この4頭プラス
上記以外の馬で前半速いペースを勝っている馬を選びたかったのですが。。。
あんまりいません^^;そりゃそうですね。他のレース勝ってればココにはこないか^^;


◎本命 マストビートゥルー
使い詰めが気になりますが、ペースが速くなってもドンと来い!むしろ速くなれ!!


○対抗 フィールドベアー
1ヶ月空いたから大丈夫かな。。。こちらも使い詰めだが好位追走で差せそう。


▲単穴 サンライズマックス
こちらは逆に休み明けですが、エプソムCと中日新聞杯のペースが理想的♪


△連下 残りは安定感がないので一発狙いです!
ダイシングロウ
ホッコーソレソレー
レッツゴーキリシマ
シゲルフセルト
カネトシツヨシオー


(ちょっと多いですね^^;もう少し絞ります)

| | コメント (0) | トラックバック (4)

上がり最速でしたm(_ _)m

11R 第44回 京都牝馬ステークス(GIII) 【結果&あと考】


1着 チェレブリタ(○)
2着 レインダンス
3着 ザレマ(◎)


KeiG予想) ▲10着 △11,13着   bearing 惜敗 bearing


ここでレインダンスか~。難しいです^^;


レースはスタートしてスペルバインドが大きく出遅れ。これは痛かったですね。
チェレブリタは出遅れと言うより後方からの競馬なのでこれでOK。


ハナを切ったのは外枠のカレイジャスミン。押して押して頑張ってた^^;
2番手に内からスーッとザレマ。3番手に内からテンイムホウ、
並んでクラウンプリンセス、ハートオブクィーン、ハチマンダイボサツ。
その後ろにプリンセストロイ、トウカイルナが好位につける。
ニシノマナムスメがその後ろといった感じ。


前半600m35.4。カレイジャスミンが2馬身リードしていたので
それほど速くもないペース。予定通りかな。


ここから見ていて面白かったのは最後方の2頭。
スペルバインドは内枠ながら出遅れたため外を回らされる中、
最内からスーッとチェレブリタが徐々にペースアップ。
最終コーナー回ったところでこの2頭に約1馬身の差がついていました。
そこから京都得意の内に切り出すかと思いきや、
内にいったのはその前にいたプリンセストロイのほう。
難なく前が開いたチェレブリタはそのまま直線加速!
おぉぉぉぉ!これは来たな~♪と思い、前に目を向けると青い帽子ザレマが先頭。


よしっ!そのまま!そのまま!と思っていたら外からオレンジの帽子がイイ動き。
なんだ?やめろ!来るな!と内心祈ったが願い届かず2着にレインダンス^^;
3着にアタマ差でザレマが残りました。4着に粘ってテンイムホウ。5着にオディール。


前半600m35.4-後半600m35.9のミドルペース。
馬場状態と脚質のチェックが甘かったのか、中盤のペース(800~1000m)が
やや速かったのか。。。もう少し考察してみます。


【投票】 8000円
【払戻】 0円
【収支】 -8000円


【総投票】 54200円
【総払戻】 18670円
【総収支】 -35530円


(5頭BOXなので馬単、3連単にしちゃった。。。weep

| | コメント (0) | トラックバック (1)

直線向いたときはドキドキでした(過去形w)

第59回 東京新聞杯(GIII) 【結果&あと考】


1着 アブソリュート(△)
2着 キャプテンベガ
3着 スマイルジャック


KeiG予想) ◎5着 ○4着 ▲10着 △16,7着 coldsweats02 無理 coldsweats02


2着のキャプテンベガはまったくのノーマークでしたので結局無理なレースでした。


レースはローレルゲレイロがスタート良く1馬身リード。
続いてサイレントプライド、タマモサポート、ファストロックが3頭併走。
タマモサポートがやや下げたところに内からショウナンアルバ、ショウワモダン。
外にタケミカヅチ、キストゥヘブン。やや下げ気味にゲイルスパーキー。
その後ろにスマイルジャックまでか。


前半600mが35.0。レースの走破タイムが過去の当該レースより約3秒遅いので
単純に3で割ってみますと良馬場なら34秒くらいになります。こ、これは速い!


んで私の本命馬ゲイルスパーキーは、4コーナー手前から徐々に前へ。
推測ですが、これほど前が崩れるとは後藤騎手も考えなかったので
コーナー出口で中団より前にいたかったと思います。その通りの騎乗も出来ています。


直線向いたときはもうドキドキしてましたよ(私が)♪よしっ!!!絶好の位置!!!!


。。。惜しむらくは予想を上回るハイペース。直線半ばで脚色が鈍りあえなく5着。
いや、後藤騎手にミスはなかったと思います。紙一重でしたね。


1着はゲイルスパーキーの2馬身後ろで脚を溜めていたアブソリュート。
2着はそれにくっついてきた^^;キャプテンベガ。
3着に真ん中から猛追のスマイルジャック。
4着に最後ゲイルスパーキーに馬体を合わせて先着したリザーブカードとなりました。


前半600m35.0-後半600m37.5のハイペース。
このペース&馬場で前が残れたら化け物ですね^^;


【投票】 10000円
【払戻】 0円
【収支】 -10000円


【総投票】 46200円
【総払戻】 18670円
【総収支】 -27530円

(ひぇ~。。。)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

◎ザレマ

【11R 第44回 京都牝馬ステークス(GIII)】 京都 芝1600m


展開予想としてハートオブクィーンが前に行って、その後ろに
プリンセストロイ、ニシノマナムスメ、カレイジャスミン、ハチマンダイボサツ
あたりが続くかな~。


ペースは昨日の東京新聞杯よりはいくぶんマイルドになるかと。。。^^;
(考察は後ほど。不良馬場を考慮したら超ハイペースですよね)


前半600m35秒は切りませんが36秒以上はかからない。
先行馬もそこそこ揃ってますのでペースを落としにくく平均ペース
なると見込んで実力通りに決まると予想します。
スローペースでのみ押し切った先行馬はやや厳しいかも。


ただ、京都は現在やや重なので前目の馬に少し傾けてみますね^^;


◎本命 ザレマ
前走ターコイズSは非常に強い内容。オディールから鞍上替わり安勝さん。


○対抗 チェレブリタ
前走ハイペースで上がり最速、2走前スローでも上がり最速。ここでも最速?^^;


▲単穴 ハチマンダイボサツ
前走は出遅れたので無視します。2走前の秋風Sを評価。


△連下 
ハートオブクィーン ターコイズS4着
カレイジャスミン  ターコイズS2着

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »