« 【エプソムカップ】◎シンゲン | トップページ | ペース妄想メモ »

【エプソムカップ】レース回顧

1着◎シンゲン

2着△ヒカルオオゾラ

3着△キャプテンベガ

KeiG予想はこちら)    カ チ ン コ チ ン  

 

並走する馬がいるからこその走破タイム・上がりの脚でしょうが

あえて“たられば”を言えば、2着のヒカルオオゾラでも

例年なら十分快勝して良いタイムでした。

ただ、それを追って上がり最速を叩き出したシンゲンが優勝。

放牧を挟み札幌記念から秋天が目標ということですが

重賞上位馬のカンパニーあたりと好勝負できればな~と

今からワクワクしています。

そんな気持ちにさせてくれるエプソムカップでした  

 

さてレースの方ですが好スタートしたのはメイショウレガーロ。(あら、行っちゃった)

その後抑えたので内からアーネストリー、ニルヴァーナが押し出されましたが

外からショウナンラノビアが快調に飛ばし、2番手に3馬身くらい差をつけ

前半800m46.7。コラコラ・・・

前走のヴィクトリアマイルと前半のタイムが一緒じゃないのよさ。

これで1800m逃げ切れたら化け物でしょ、と思いましたが・・・レース結果を見ると

結構前で粘ってますね  ビックリです。馬場とコース次第では一発あり。

前半ペース妄想は47秒半ば以内としていましたが

それよりもかなり速いペースとなりました。

 

勝ったシンゲンは中団からヒカルオオゾラをマークというよりも

その後ろのキャプテンベガのお尻を追って最終コーナー。馬場の中央から

前で粘るヒカルオオゾラをかわしてゴール。上がり最速34.2。

東京開催最終週のやや荒れた馬場をこのペースでこの上がりなら

重賞常連組とも互角に闘えるのではないでしょうか。とりあえず札幌記念に注目です。

 

2着のヒカルオオゾラはスタート良く絶好の位置を取れたまでは良かったのですが

800m過ぎではもう2番手に。その後も武豊Jが抑えようとしますが

前を行くショウナンラノビアを追ってしまい昨年とほぼ同じ展開に。

それでも上がり600m34.8で粘りますが、あえなく2着止まり。

また“たられば”ですがシンゲンがいなければ馬の能力で勝ってしまってますね。

 

3着のキャプテンベガ。スタートはそれほど前にはいけませんでしたが

横山典Jがヒカルオオゾラを終始マークして上がりの競馬にはせず

前から粘り込みを図る作戦に。結果は上がり600m34.9のまずまずの脚を使い3着。

先着した2頭を逆転するのは難しそうですが、後方から届かずじまいよりは

はるかに良い内容。グッジョブです。

 

46.7 - 12.2 - 46.6 のミドルペースでした。

<過去5年のラップタイム>

09年 12.6 - 10.8 - 11.4 - 11.9 - 12.2 - 11.9 - 11.3 - 11.2 - 12.2

08年 12.8 - 10.8 - 11.6 - 11.9 - 11.8 - 11.7 - 11.1 - 11.6 - 12.6

07年 12.7 - 11.1 - 11.7 - 12.8 - 12.4 - 11.8 - 11.4 - 11.3 - 13.1

06年 12.6 - 11.1 - 11.4 - 11.8 - 12.5 - 12.7 - 12.0 - 11.9 - 13.2

05年 13.1 - 11.2 - 11.3 - 11.7 - 11.9 - 12.3 - 11.1 - 11.7 - 12.3

04年 12.8 - 10.9 - 12.1 - 12.8 - 12.4 - 12.2 - 11.3 - 11.6 - 11.8

 

単勝、馬連、馬単、3連複、3連単的中ですが

来てほしくない2頭が来たのでトリガミっす。下手くそすぎッス 

 

  今回
投票 14,000
  払戻 8,090
収支 -5,910
  2009年
総投票 231,200
  総払戻 144,950
総収支 -86,250

« 【エプソムカップ】◎シンゲン | トップページ | ペース妄想メモ »

競馬」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【エプソムカップ】レース回顧:

« 【エプソムカップ】◎シンゲン | トップページ | ペース妄想メモ »