« 2013年6月 | トップページ | 2017年12月 »

2017年11月

京阪杯◎セイウンコウセイ

延べ3人ほどのviewerの方(少なっ!)お久しぶりでございます。

的中確率がマイクロトレンド、KeiGの競馬予想を再開したいと思いま~す。
投票方針とかをガチガチに固めず、来年に向けた試行期間にしたいと思いますので
適当にハナで笑っていただくのが正しい閲覧方法です。
・・・なんだよ!・・・あれっ?おかしいな、涙でてきた。(豆腐メンタル)
<京阪杯>
京都1200でブイブイいわせてるお馬さんは誰じゃろな?と絞ると
1月の「淀短距離」と「シルクロードS」で1着2着の
⑩セイウンコウセイ
を無視するわけにはいきません。正直、宮杯の結果ではなく
1月の京都1200実績を重要視したいと思います。
じゃー、その理論なら前走オパールS勝ちの ⑦ソルヴェイグ はどうなのよ?
と問われると、答えは要りません。
なぜなら、人気してるから(ここら辺が養分満載)
ソルヴェイグとセイウンコウセイの人気が逆転したらまた悩みますw
相手はスワンS好走の ⑤ヒルノデイバロー 
上記1月の京都1200である程度結果を残すも逆転は難しいかな。。。
3連単マルチ2頭軸をやってみたい関係でピックアップは2頭までに
しておきたいけど、対抗評価でどっこいどっこいだった ②ラインスピリット も。
◎セイウンコウセイ
○ヒルノデイバロー
▲ラインスピリット
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村


<京阪杯>レース回顧
1着-ネロ
2着-ビップライブリー
3着-イッテツ

6着▲ラインスピリット
7着◎セイウンコウセイ
10着○ヒルノデイバロー

12.3 - 10.7 - 11.3 - 11.0 - 11.2 - 12.3

どなたかの予想で「今の京都は力のいる馬場」的な記述がありました。
1着ネロの逃げ切り勝ち理由としてはそんな感じなのでしょうか?
正直、昨年の重馬場は参考外だと思ってました。
養分街道まっしぐらですね。反省。

ただ、今年のラスト1ハロンは例年よりガクンと落ちてます。
勝ち馬(逃げ馬)のラップがそのままレースラップ。
このラスト1ハロンで後ろから差せなかったのは
有力馬の調整不足なのか、それとも実力不足なのか。
宮杯1着やVM好走馬が届かないのも少々残念な気がします。

。。。違うよ!予想が外れたからじゃないからね!

期待していた◎セイウンコウセイは騎手が変わって位置取りも理想的でした。
これで切れ負けたらしょうがないです。

« 2013年6月 | トップページ | 2017年12月 »