« 2017年11月 | トップページ | 2018年1月 »

2017年12月

合成オッズ と 的中率

あ、あの。。。始めに言っときますが宣伝とかの類いじゃないです。

合成オッズ と 的中率

これについて私自身がモヤモヤと分からない部分があるって日記です。

☆☆☆☆       ☆☆☆☆

しばらく遠ざかっていた競馬予想を再開したのが11月末の京阪杯。
それから来年に向けてだいたいの的中率でもはじき出してみようかしらと
鼻歌まじりに全レース予想なんかしちゃったりして~ウフフ~♪と
ガチ予想派からグーで殴られそうな予想をしてきました。

あ、あのね。この際白状しますが、私のような何の知識もない人間が
記憶のスポーツ競馬をたしなめるわけが無く
TARGET frontier JV - JRA-VAN」を使ってます。
えぇこんな面でも養分でございます。毎月、納めております。

その中の「補正タイム」。
各競馬場、開催馬場差を考慮した数値で一元比較し、
かつそのレースに適性が合いそうな馬を選んでるつもりですが。。。
まぁ当たらない!w

違いますよ。私が情報をねじ曲げてわざと当たらなくしてるんですw
んで、その的中率なんですが

本命◎が3着以内 AND
○▲△(印をつけた馬)が3着以内

が約 2 割 
3場開催36レース(新馬戦・障害除く)だと6レース発生。
2場開催24レース(新馬戦・障害除く)だと4レース発生。

低い!

それを3連単2頭軸マルチ総流しで買う場合、
合成オッズ 5 倍ないと元をとれない計算になります。
穴馬買わなくちゃね。
。。。ふと、ここでモヤモヤ疑問。。。

仮に的中率 20% だとして、合成オッズ 5 倍を買えば
マイナスにならない計算だけど
合成オッズ 5 倍が当たる確率は考慮しなくていいのか?
。。。ひょっとして俺はとんでもない勘違いをしてるのか?

と、いうのが今日時点の日記です。中途半端だな

【ホープフルS】◎サンリヴァル

さて、阪神Cや有馬記念の反省もそっちのけで

2歳戦の予想をしても良いのやらと自問自答しております。
。。。嘘です。正確には何も考えておりません、が正しい表現。

【ホープフルS】予想

こちらもG1に格上げされ皐月賞に向けての選択肢が増えるのは
とても良いことだと思います。阪神王道マイル or クラシック前哨戦。
弥生賞だと一発勝負感が半端ないし、スプリングSだと間隔が厳しいなど
もうちょっとトリッキーな中山に順応できる時間が必要だと思います。

んで、いきなり本命ですが ⑨サンリヴァル です。
理由は中山で走ったことがあるから、以上!
対抗に ⑦タイムフライヤー 。正直なんとなく!
有馬記念同様、観るレースですね♪

◎サンリヴァル
○タイムフライヤー

■■■■■■■■  レース回顧  ■■■■■■■■

1着○タイムフライヤー
2着-ジャンダルム
3着-ステイフーリッシュ

4着◎サンリヴァル

12.5 - 10.8 - 12.5 - 11.8 - 12.0 - 12.3 - 12.6 - 12.8 - 11.9 - 12.2

前後半比較すればそりゃハイペースですが、どうなんですかね?
レース映像の隊列を見ながら「なんとなく速いかな~?」って印象も。

前目の馬が崩れた中、サンリヴァルは踏ん張ったとも言えますが
次走や皐月賞で狙えるかと問われると・・・すんません、保留させてください。
ただ、好きな馬ではあります。

【有馬記念】◎サトノクラウン

【有馬記念】予想

いや~今年の有馬記念は予想するレースじゃなくて

キタサンブラックをみんなで応援するレースですよね~(ネー♪)

という訳で、キタサンブラック以外を本命にしたいと思います。
えーえー逆神ですとも。ギャンブル的には外して買うのが面白い。

とは言ってみても東京、中山、阪神、京都競馬場で満遍なく
好成績を残しているのでどこが不得意とか無いですよね。

その満遍なく好成績を挙げている中で、唯一?の凡走。
そうです、今年の宝塚記念です。んで、宝塚記念勝ったの誰?
本命◎ ⑫サトノクラウン を推したいと思います。
対抗○ ②キタサンブラック 。。。実績残しすぎ。無事に回ってきてね。
単穴▲ ⑭スワーヴリチャード M・デムーロがクロニクルを振って
アルゼンチン共和国杯勝ちの馬に乗るの?要警戒。

◎サトノクラウン
○キタサンブラック
▲スワーヴリチャード

■■■■■■■■  レース回顧  ■■■■■■■■

1着○キタサンブラック
2着-クイーンズリング
3着-シュヴァルグラン

4着▲スワーヴリチャード
13着◎サトノクラウン

6.8 - 11.6 - 11.9 - 12.2 - 12.3 - 13.3 - 13.2 - 12.8 - 12.2 - 12.1 - 11.7 - 11.2 - 12.3

ゴール前をぼんやり見ていると添乗員が旗振って先導してる
「有馬記念ご一行様」に見えます。
添乗員を追い抜いてしまうと、行き先が分からなくなるからね♪
ほらほら!スーツケースは隣や後ろの人にぶつけないように(笑)

こちらもお疲れ様でした。最後も逃げて押し切る堂々の横綱相撲レース。
好きだな~。。。好きだな~って感想しかない。
だいたいこの手のお馬さんは、切れが信条の有名種牡馬産駒に差されて
善戦止まり。頑張ってるよ!タイミングが合えば大きいところも獲れる!!
みたいな立場のはず。。。あれ?おかしいな?GⅠ7勝もしたね。好きだな~♪

【阪神C】◎レーヌミノル

【阪神C】 予想

さて、いつものように実績を比較したいのですが

阪神1400mってちょっと特殊すぎて同じコースしか
比べるレースがない気がしてしまうんですよね。どうしましょ。。。

そうなると昨年の1、2、4着馬

⑰シュウジ
②イスラボニータ
⑫ダンスディレクター

この3頭の中から選びたかったのですが。。。
シュウジは今年全然振るわないし、
イスラボニータは鉄板って訳でもないし、
ダンスディレクターは8歳だし、と
軸にする理由が見当たりません。ごめんね。

なので斤量の軽い3歳から

③レーヌミノル(54kg)
⑩サングレーザー(56kg)

この2頭をピックアップします。評価するのはマイルCSです。
前につけた馬が力尽きていくなか、最後しぶとく4着に残した
レーヌミノルを本命に。ほぼ同等評価のサングレーザーを対抗に。
追記:あ、あと2戦連続好走してる⑭サンライズメジャーを拾いたいッス

◎レーヌミノル
○サングレーザー
△サンライズメジャー

【阪神C】レース回顧

1着-イスラボニータ
2着-ダンスディレクター
3着○サングレーザー

7着◎レーヌミノル
10着△サンライズメジャー

12.1 - 10.7 - 10.8 - 11.2 - 11.5 - 11.7 - 11.5

いや~。。。結果から見れば昨年2着4着再び、と
阪神1400の適正がモノを言ったように見えますが
引退するイスラボニータとそれを横目に
「おまえだけ引退、引退ずるい!俺だって!」と
ダンスディレクター@武豊Jが意地を見せたようにも見えます。

。。。てか、ゴール前とか意地の張り合いにしか見えませんよね(笑)
お疲れ様でした。レコード叩き出して引退とか格好良すぎです。
でもダンスディレクターの引退情報はどこにも出てませんけどね。
案外、宮杯好走とかあったりして。。。憶えておきましょう。

【朝日杯FS】◎タワーオブロンドン

2歳戦も今後のために予想したいと思います。

【朝日杯FS】予想

東京1600mで2歳コースレコードを叩き出した

 ①ダノンプレミアム を当然無視は出来ないのですが、
どうしても NHKマイル や 安田記念 に気が向いてなりません。

阪神1600mの直線切れ勝負になった場合、切れ負けしません?
それをなんなくクリアする可能性も十分あるのですがw

ならば阪神1400mの特殊な持続レース(ききょうS)を制し、
かつ東京1400mのこれまた特有なヨーイドン(京王杯2歳S)を制した
2つの異なるペース実績持ちの ③タワーオブロンドン から入りたいです。
2番人気なら、なおさらこちら。

本命◎タワーオブロンドン
対抗○ダノンプレミアム

あとは、どんぐりの背比べかな?レース展開によっていかようにも。

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

【朝日杯FS】レース回顧

1着○ダノンプレミアム
2着-ステルヴィオ
3着◎タワーオブロンドン

12.6 - 10.8 - 11.8 - 12.0 - 12.1 - 11.3 - 11.0 - 11.7

いや~、皆さんレースはご覧になりましたでしょうか?
まさに怪物!ロナウドの登場です。(NOT フェノーメノ)
先行して持ったまま先頭に立ち、そのまま押し切り。ハイ♪上がり最速。

・・・なんだコレ?www

ゲームでもここまで露骨な演出しね~よwwwwwwwwww

いやいや、自分の馬見・予想が大ハズレでお恥ずかしい思いより
うわ~良いもの観た~って興奮が上回ってしまいました。
これは一時代築きますね。ダノンプレミアム時代。
願わくば川田騎手にクラシック→有馬と乗せていただけると
見ている側も胸が熱くなります。よろしくお願いします。

【チャレンジカップ】◎サトノクロニクル

【チャレンジカップ】予想

阪神内回りはなんだか好きです。

普段あまり他場とリンクしない中山競馬場と比較できる
数少ないコースだと勝手に思っとりますので。
あとは直線の切れだけでは勝てない感じも好き。

その中山2200mオールカマーで逃げ粘った ⑨マイネルミラノ と
いつぞやの宝塚記念2着 ⑧デニムアンドルビー の実績が光りますが
ピークは過ぎとりますよね。。。
あくまで過去に走ったことがある程度に留めておいたほうが良いかな~。

ならば、同じ中山2200セントライト記念3着 ③サトノクロニクル をば。
内に閉じ込められるも最後伸びてきてるのは好印象。騎手もミルコ確保。
1番人気だけどしょうがない!マイネルミラノの人気がもっと落ちれば
開幕週&内回り逃げ切りを夢見てみたいけどやっぱり最後差されそう。

あとほんのちょっと気になるのが ⑫レッドソロモン 。
昨年の京都2000ですがアンドロメダS

12.6 - 11.1 - 12.0 - 12.0 - 12.0 - 12.1 - 11.8 - 11.8 - 11.5 - 12.2

非常にこのレース向きなペースで勝ちきってます。穴を開けるならコレ。

本命◎サトノクロニクル
対抗○マイネルミラノ
単穴▲デニムアンドルビー
連下△レッドソロモン
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

【チャレンジカップ】レース回顧

1着◎サトノクロニクル
2着▲デニムアンドルビー
3着-ブレスジャーニー

6着○マイネルミラノ
10着△レッドソロモン

12.7 - 11.4 - 12.4 - 12.0 - 11.4 - 11.9 - 11.6 - 11.4 - 11.7 - 12.1

レースが終わって思ったことは「・・・モンドインテロ、結構やるな」でした。
相手関係をみての参戦だとしても長距離実績が光りますからね。

あとブレスジャーニーもコース実績が無い割りに人気してましたが
恐れ入りました。危なかった!とも思えるし、最後の坂で止まったとも見える。
この点は次走、坂のあるコースで人気を背負いそうなら切る理由にもなる。

マイネルミラノは予想通りっちゃ予想通り。ただ道中ちょいと速いよね。
レース映像見直してもそんなに前を突っかけてる感じでもないのに
1000m通過のところが11.4。・・・プリメラアスールが悪いなw

あい。デニムアンドルビーにみんな土下座して謝りましょう。ごめんなさい!

« 2017年11月 | トップページ | 2018年1月 »