« 2020年4月 | トップページ | 2020年6月 »

2020年5月

【目黒記念】◎バラックパリンカ

ダービーで気になった騎手がそのまま目黒記念でも気になる。

ゴールドギア@三浦皇成とバラックパリンカ@和田竜二。

どちらも先行して緩いペースならそのまま残ってしまいそう。

ってことでこちらは長距離の和田を信じます。

もちろんボスジラ@武豊も気になりますが、もっと長いところかな?

 

◎バラックパリンカ

 

単勝200円 複勝800円

【東京優駿】◎ヴァルコス

三浦皇成か~。。。み、三浦皇成か~。。。(大事な事なので2回言いました)

でも青葉賞は向こう正面でポジションを上げて、さらに早仕掛けになったレースを

タイム差なし2着はとても評価できると思います。東京2400を経験してるのも強み。

でも。。。三浦皇成かぁ。。。。(o´д`o)=3

 

迷ったのは皐月賞組。2強以外は切り捨ててしまいたいのですが、

京都新聞杯で出走権を得たディープボンド@和田竜二は魅力的です。

できれば菊花賞とかで場を盛り上げてもらいたい存在。憶えておこ。

 

データを基にしないならヴェルトライゼンデ。常に一線級と好勝負しているのに

人気なさすぎです。皐月賞も本命だったので気になる。池添が息をひそめて狙ってる。

 

まだまだ外差しが決まらないので先行馬有利。8枠連対キャンペーン継続中。

乗り替わりは割引って要素をトータルして三浦皇成には目をつぶる事にします。

大魔神の空気の読まなさ、強心臓に賭けてみましょう。

 

◎ヴァルコス

 

単勝200円 複勝800円

【優駿牝馬】◎マルターズディオサ

えっ?。。。ま、マジっすか?(;゚Д゚)

 

てっきり2、3番人気かと思っていた馬が、まさかの13番人気!!

データ比較するまでもなくお買い得感満載なので即決してしまいました。

マルターズディオサ。なんでこんな人気ないの?

 

確かに阪神JF2着といってもレシステンシアと0.8秒差あるので

実力差はあります。それは私も感じてます。ただ、ペースを緩めたチューリップ賞で

溜めて→加速から勝ち切っているので、むしろここに繋がる気がしてなりません。

 

正直、桜花賞のずぶ濡れド根性レースを勝ってしまうお馬さんは、

マイル以下の一貫したペースを走る適性を感じてしまいます。

NHKマイルCとか、スプリンター寄りの。

今年の桜花賞で好走したから東京2400も期待できる、とは

私はどうしても思えないのよね。むしろ逆。不安になってしまいます。

 

さらに職場の先輩から「G1に8枠が必ず絡んでるよ」とオカルト情報もいただきました。

非常に怪しい情報ですがウインマリリン、サンクテュエールを選ぶなら

一度馬券を取らせていただいたマルターズディオサを推すべきではないかと。

 

納得していただけましたか?共感できる方は軸で買いましょう♪

紐じゃだめ。1頭軸マルチで。マルチは許します(何様?)

 

◎マルターズディオサ

 

単勝200円 複勝800円

【平安S】◎アッシェンプッテル

記憶の美化が凄まじい。

2000m以上の実績を重視した2013年8番人気ナイスミーチュー(2着)が

脳裏に焼き付いたままなので、このレースは当たる気しかしません!(敗けフラグ)

 

なので性懲りもなく過去1年以内の2000m実績から選びますと、

ヒストリーメーカーとアッシェンプッテルの2頭に絞られます。

8番人気と12番人気。ゥワッフゥー♪(あつ森アイテムゲット音)

さらにアッシェンプッテルは前走重馬場ですが速い上がりまで記録。

牝馬で斤量軽いし、これで単勝80倍台はお買い得なのではないでしょうか。

はい、そゆことで。

 

◎アッシェンプッテル

 

単勝200円 複勝800円

【ヴィクトリアM】◎セラピア

京王杯スプリングCは当日までオッズを見守ろうとしたら

うっかり予想忘れて出社してしまいました。11時ごろ気づいたよ。

でも馬柱見て「あ、これいいな~」と感じたのがビリ、ブービー賞だったので

結果オーライでした。競馬などしなきゃ回収率100%なのですぞ!!!

 

NHKマイルCや前述のレースを見ると、まぁ外が伸びないですね。

昨日は雨が降ってやや内を避けた進路取りではありましたが、

それでも東京特有の外からズバッと差す競馬がまったく見られません。

 

先行しなけりゃ勝負にならない

ポジション取りが激しくペースが締まる

仕掛けも早くなり、およそ東京らしくない平坦なラップになる

と妄想いたします。

 

となりますと、トロワゼトワル。。。は近2走が悪すぎてちょっと尻込み(;^_^A

セラピア@田辺騎手に期待を寄せてみたいと思います。

今の東京の馬場を理解しているのが外国人騎手ってのもちょっと寂しいので

なんとか国産騎手に頑張っていただければ(言い方。。。)

 

◎セラピア

 

単勝200円 複勝800円

【NHKマイルC】◎ソウルトレイン

うーーん。。。

ペースが締まればレシステンシアとタイセイビジョンが浮上するだろうし、

上がり勝負に傾けばタイセイビジョンとサトノインプレッサが差してくるし

どうしましょうかね?どっちに紛れが起こるかな~~~。。。

 

後ろで控えて切れ勝負だけを狙えば、ソウルトレインにも一縷の望みが

あるのではないでしょうか?過去のレースで上がり最速を3回記録しています。

白梅賞(京都1600)、千両賞(阪神1600)、未勝利(阪神1800)。

東京コースで大惨敗していますが、そんなこと言ったらルフトシュトロームなんか

中山しか走ってないじゃんか!ブーブー!はい!いろいろ目を瞑りましょう。

考えすぎてタイセイビジョンしか見えなくなってしまったので、満振りしま~す。

 

◎ソウルトレイン

 

単勝200円 複勝800円

 

 

【新潟大賞典】◎サラス

いろいろ考えたけど、結局上がり勝負かな?

 

ダービー卿CTを後ろから上がり最速、カツジ。

常に中距離の優等生、ブラヴァス。

ここ2戦上がり最速、紅一点サラス。(追記:1年前なの気づかなかった(;゚Д゚)

東京で速い上がりを連発、アトミックホース。

 

この中で一番旨味があるのがエルマタドール!マルセロ・サラス!(牝馬だよ)

 

◎サラス

 

単勝200円 複勝800円

 

【京都新聞杯】◎ファルコニア

マイラーズCのベステンダンク(2着)と

春天のスティッフェリオ(2着)を見て思いました。

「前残りを狙おう!」

 

レース妄想としては、ホウオウエクレールが引っ張る番手に控えて

坂の下りからじりじり追い、直線で交わす感じ。あとは頑張れ!

どの馬にもチャンスがありそうですが、プラスアルファ上がりの脚も必要。

 

となりますと、新馬戦(京都2000)で上がり最速を記録している

ファルコニアが良いかなぁ。ね!思いっきり人気薄でも面白いかも。

 

◎ファルコニア(3着!)

寸評:最終オッズ2番人気でした。すんません。当日までオッズ眺めることにします。

単勝0円(2/50) 複勝2400円(8/50)

20年収支 -21940円(-6100-15840)

【天皇賞(春)】◎モズベッロ

フィエールマンは年明け0戦(史上初)、キセキは前3走連対なしと

緊急事態宣言を発出しそうな天皇賞(春)。楽しみなレースがやって参りました。

 

ユーキャンスマイルを逆転できるのはどの馬か。

まだ直接対決していないモズベッロとミッキースワローの2頭。

日経賞は残り5ハロンから急加速した持続戦。。。春天っぽくないすか?

 

その時の鞍上そのまま。1着入線した横典Jを後ろから見ていた2着池添J。

京都の直線を考えますと、逆転可能なのではないでしょうか?ね?ね!

はい決まり。ミッキースワローを直線最後にモズベッロが交わしてゴール板。

 

◎モズベッロ

 

単勝200円 複勝800円

【青葉賞】◎メイショウボサツ

フライライクバードの決め脚を信じるか、

オーソリティの王道路線を評価するか、

はたまたフィリオアレグロを怖れるか。。。

 

私は弥生賞で本命にしたメイショウボサツをもう一度信じてみます。

やっぱり昨年12月に行った中京未勝利戦が際立って良いです。

残り3ハロンで急加速が入ったレースを外から上がり最速で差す。

左回り、坂上が長い、残り1ハロンから浮上。。。イメージと合致します。

 

◎メイショウボサツ

 

単勝200円 複勝800円

« 2020年4月 | トップページ | 2020年6月 »